仕事する税理士

近年の企業経営を取り巻く環境は、経済取引の国際化、グローバル化、ITなどの情報技術の急速な変化などにより、大きく変化しています。
特に、税法などの法律改正などの分野は大きく変化しています。
そのため、これらの専門分野の専門家である弁護士、公認会計士、税理士、行政書士などとの連携が極めて重要となっています。
税理士は税務の専門家として、税務申告書などの作成、税法に関する取り扱いに関する税務相談、税務代理行為などを行うことができます。
特に、税務官公署との折衝に強い税理士は、税務署の税務調査には効果的です。

また、税理士は日々の記帳などを確認することによって、節税方法をアドバイスすることができます。 (さらに…)

税理士に相談

節税とは、税金を有効に支払い、事業のために使用できるお金を増やすということです。
多くの税理士や会計士という方々が、節税についてそれぞれのホームページに記載されています。
税理士が節税のためにできることは、又は会計士が節税のためにできることは、納税者本人が節税のためにやるべきことは、と考えると、できる限り有能な税理士の力を借りるということですし、できる限り優秀な会計士とタッグを組むということです。
間違っていけないことがあります。

つまり節税のためつまり納入する税金を少なくするために無駄遣いをしてしまうことです。 (さらに…)

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930